旅行でnikon D5300の撮影モードを色々試してみた感想(初心者向け)

忘年会旅行に行ったので写真を撮りまくってみました!

主に観光地での撮影です。
伊香保に行ったので、人形おもちゃ自動車博物館にて撮りました。

スパイダーマンとクマちゃんがお出迎え!!

この観光スポットはけっこう楽しかったです。
昔のおもちゃからゲーム、車とかなり見ごたえありました!

やっぱり昔の車の形はかっこいいです。
今の車にはない魅力がありますよね。
お金があれば一台ほしいくらいだ。

スバル車がけっこうあった。

室内から外など撮影状況が変わる環境で一眼レフを使ったことなかったので色々な発見がありました!

やはり難しいですね。一眼レフカメラって。
まだまだ素人から抜け出せてないかな。

まず一人なら設定を細かく変えながら写真を撮っていけばよいのですが一人ではなく会社の同僚もいたので、ある程度早く撮影することが求められました。

そこで役にたったのがプログラムモード
これいつ使うんだろか!?なんて思ったのですが今回かなり役に立ちました。

基本館内なので多少の暗さがあったり明かりの色が違ったりとかなり状況が変わる中での撮影にはプログラムモードが使えました。

明るさの変化に自動で調整してくれるので歩きながらの撮影にも対応できました。

ただ昔のおもちゃが展示してあるスポットは味のある灯りになっていたのでプログラムモードだと色が飛んでしまいます。

普通の蛍光灯の色になってしまっています↓

本来はこれくらいの色味になっています↓
古き良き時代の雰囲気がでている。

ここでの撮影はマニュアルにして味がでるように撮影しました。

マニュアルとプログラムモードを切り替えながらの使用です。
今回は綺麗に撮影することをメインに考えながら写真を撮りました。

まだまだどういう設定にしたらよいのかわからない状態だったので手探りの撮影でしたがそれなりに楽しめました。

なんとなーく設定がわかってきたような気がします。
やっぱり撮影した分だけ成長できることを実感しました。

どんどん撮らないとダメだ。

とはいってもそこまで使う頻度が高くないので難しいところではあります。

室内でのブログ用写真などはコンデジで撮ってしまったほうが早かったりしますしね。

一眼レフの写真をリサイズしたりと手間を考えるとやっぱりコンデジ便利だなと思ってしまいます。

色の表現などはRAWで撮影していれば、後々いじれるのでそこまで気にする必要はないのかもしれないがたぶん私はしないでしょう。
時間もないですし。

撮ったまんまの表現で良いかなと思います。

ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 住まいブログへ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク