生命保険の選択。住宅ローンと同時に検討しておくべきこと(フラット35のみ)

住宅ローンを組む場合は生命保険に入らないといけません。
基本的には住宅ローンとセットになっている団体信用生命保険という保険を契約することになります。

他にも別途で生命保険に入れる住宅ローンもあります。
私が契約した住宅ローン(フラット35)はどこの生命保険でも大丈夫でした。
保険内容が適切なものであればですが。

他の生命保険に入る理由としては安くなるからですね!

調べた限りではフラット35のみが団体信用生命保険(団信)に入れる住宅ローンのようです。
(フラット35で団信に入るのは任意)

団体信用生命保険とは?
簡単に言ってしまうと住宅ローン専用の保険。
住宅ローンの借り入れの条件として加入することが多いのが団体信用生命保険です。

デメリットとして高いです。
住宅ローンとセットになっているため割高となっています。

私が加入しているのが収入保障保険。
タバコを吸わない、健康体ならではの特約があります。

三井住友海上あいおい生命の&LIFE 新総合収入保障ワイド・新総合収入保障・新収入保障 特約のページです。保険のプロが、あなたに最適な保険プランを懇切丁寧にコンサルティングいたします。

自分にもしものときがあったときは毎月12万円払ってもらえる契約になっています。
金額は契約内容によって変わってきます。

毎月の支払いは約5千円です。
この保険に入りフラット35sにて住宅ローンを組みました。

私の契約した保険はこのような感じです。

他の人が入っている保険は参考程度にしかならないと思います。
参考にするとなればどれくらいの金額を払っているかの目安にはなるかもしれません。

実際問題、生命保険に入るとなると現在のご自身の状況に合わせたうえでのプランとなるのでまずは相談することから始まると思います。

私のようにタバコを吸わないとのならそれに適したプランがあることもわかったし、まずは相談してみないことには始まらないと思います。

そんなときに便利なのが保険相談サイトです。
エアコンでもそうだったのですが私の場合、終わった後にそのようなサイトがあることに気づきました(^^;

単純に相談できる人が近くにいたので保険については問題なく話が進みましたが。

若干損した気分ではありますが、知らない人はこの機会に知っておいた方が良いですよ。
知っていると知らないとでは人生に差がでます。

正直、ネットを徘徊して生命保険の情報を調べるのは時間の無駄です。
とありえず各社の金額を比較したうえで話し合えば良いのかなと。

そうなった場合は、問題なのが担当者
ここが一番重要なことかもしれません。

家を建てる場合の担当者と一緒で人によって良くも悪くもなるような気がします。

幸い私は嫁氏が仕事のの付き合いのある保険屋さんに最適なプランを紹介してもらい契約しました。
いや、絶対にこのプランでよかったのかはわかりません。

比較していないので他の保険会社やどんなプランがよかったのかなどの情報は今でも一切ありません。
なので絶対よかったのかはわかりません。

ですが、担当のかたがとても良い方だったのでよかったと思っています。
嫁の話によるとまったく関係ない利益のない保険のことなど相談してもシッカリと答えてくれるようです。

そんな方なので成績も優秀なようです。
人望があるってことですね!

それを考えれば私の生命保険の選択は間違っていなかったと思います。

ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 住まいブログへ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク