新築祝いにオーダーテーブルゲット!

会社の上司にオーダーでテーブルを作ってもらいました。

長さは2000mm、幅850mm、高さ33mmにて作成。
金額わからないけど、たぶん高いw

ありがとうございます!!

作ってもらったので、あとは自分好みに塗装します。
ウォルナットなのでウレタンクリアでいきました。

クリアなのでさほど手間はかかりません。

裏面下塗り

両面一気に塗ることはできないのでまずは裏面から下塗り。
ウレタンサンジングを吹き付けます。

裏面は見えるわけではないのでそれなりに吹き付けます。(塗装屋の感覚として)

表面下塗り

表面にして下塗りをします。
表面は木の目を潰して平らにしないといけないのでけっこう吹き付けることになります。

この作業が大変です。

木目が潰れないので一回研磨します。

分かりづらいですがちょっとへっこんで見えるのが目が潰れていない状態です。

またサンジング吹き付けです。

これくらい吹き付ければ目が潰れるはずです。
気の種類によって吹き付け量は変わってきます。

裏面仕上げ

表面と裏面の研磨を入れた後、裏面の仕上げに入ります。
仕上げはウレタンの7分消し。(ちょっとだけ艶がでるくらい)

艶消しにしたかったのですが、手の跡や汚れが目立つために諦めました。
自分的には艶消しが一番カッコイイと思うのですが、デメリットとしては汚れが目立つことですね。

ちょっとテーブルにはきびしいかなと思ったので7分消しに。
若干の艶が汚れを目立ちづらくしてくれます。

両面仕上げった後ですが、テーブルの足に傷がつかないようにフェルトを付けてきます。

フェルトはカインズで購入。
298円くらいだったと思います。

表仕上げ

表面の仕上げに入ります。
ゴミが乗らないように慎重に吹き付けていきます。
うまく仕上がりました。

家に運び込んだ画像です。

もう少しスペースがとられるイメージでしたがそんなにスペースはとられませんでした。
ちょうどよかったです。

人が着た場合にイスがあるテーブルだとイスが足りなくなって大変でしが、これでみんなが座れるようになります。

あまり人は呼びたくないですが、人が集まった時に活躍しそうです!!

ダイニングテーブルの塗装に最適!ウレタン塗装のメリットデメリット。
ダイニングテーブルに最適なウレタン塗装。そのウレタン塗装のメリットデメリットがあります。解説します。

ウレタン塗装について書いてみました!

ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 住まいブログへ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク