オスモカラーの耐久性。フローリングで半年使ってみての感想。

まだ半年使った程度ですが、オスモカラーの耐久性について。

汚れについて

子供が食べ物をこぼしたり、飲み物をこぼしたり、リバースしたりと半年の中にもいろいろありました。
キッチン周辺も水やよくわからない汚れなど色々ついていましたが、雑巾で拭くことで簡単に汚れは落ちました。

今のところ雑巾で拭けば汚れは落ちます。
常に汚れは気にしているので、長い期間放置している汚れはないと思います。
そのため汚れは落ちやすいということはあるかもしれませんね。

ですが唯一落ちなかったのが粉。
こちらの記事で詳しく書いています。

無垢フローリング+オスモの天敵は粉かもしれない!!
無垢フローリングのお手入れについて。粉の汚れがとれなくなってしまった。対処法は?

子供がリバース後によけいなことをしてしまったことを後悔しています。
今となっては消えないことにまったく気にしていませんが(^^;

物を落としたことによるダメージや擦り傷

物を落としたりすると木に対するダメージはどうしようもないです。
オスモは関係ないところではありますが。

とはいってもウレタン塗装されているフローリングではなく、オスモカラーの塗装なので塗装面が割れるということはありません。

擦り傷などもけっこうついています。

ウレタン塗装の割れについてはこちらのテーブルに関して書いていることと同じです。

ダイニングテーブルの塗装に最適!ウレタン塗装のメリットデメリット。
ダイニングテーブルに最適なウレタン塗装。そのウレタン塗装のメリットデメリットがあります。解説します。

無垢フローリングにはオイル系の塗装がよいと思います。
使っていけば味もでてきますし。

塗装に関していえば好みによってかなり左右されてくると思います。

私はオイル系が好きです。塗装が割れないところが良いです。
デメリットは手入れが大変ということ。

反対にウレタン塗装は手入れは楽だが衝撃に弱いと。

大雑把に言ってしまえば割れるのとへっこむだけどっちが良いか?みたいな感じですかね。

まとめ

半年使ってみての感想は、今のところはまったく問題ないです。
汚れにも強いし、水にも強いです。

常に気にして使っているので長い時間放置した汚れというのはないですが、そのような汚れがあっても落ちるのではないかと思います。

オスモには専用の洗浄液もあるので年に1回くらいその洗浄液で掃除してやれば、見えない汚れも落ちて快適になるはずです。

手入れに関してはいえば、もしかしたらそこまで気にする必要はないのかもしれませんが私の性格上気になってしょうがないです。
そのため気が付いたらすぐに汚れを落としています。

手入れの手間はかかるがやっぱりオスモにして正解だったと思います。
オイル系の塗料は木の良さを出せますので心地よいです。

注文住宅で床を何で塗ろうか迷っている方がいるとすればオスモをおすすめします。

楽天でオスモオイル買いました!
オスモオイルの購入。楽天で一番最安値でお買い得!ココで買えば塗り方もわかりやすくなっています。
ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 住まいブログへ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク