注文住宅 建売 どっち良い?それはあなた次第。

先に結論から言いうと、間違いなく注文住宅!

家そのものの性能を選べる点からして注文住宅が間違いなく良い。
建売はすでに家が完成されているので家自体の性能を上げることは不可能。

中古ならばリフォームして良い家にするという手はあるが、今回の話題からははずれるので置いておきます。

人それぞれ意見はあると思うが私なりの意見を述べたいと思います。

建売 注文住宅 メリット

各メリットについて自分なりに思ったことです。

注文住宅のメリット

自分の好きなように家を作ることができる。
素材も好きなようにできる。
暖かく、涼しい家にできる。
家具がほぼいらない。(作りの好みによる)
予算も多少決められる。(とはいってもほぼ借り入れMAX行くと思うが)

私の経験から言えることはやっぱり間取りよりも何より、涼しくて暖かい家を建てれたことが一番大きいと思う。

以前の冬の寒さは布団から出れないほどでしたが今の家はすぐに布団からでれます。

我が家はまったく寒くない!!恐ろしいほどに違う断熱材の効果。
我が家の断熱材・発砲ウレタンの効果を実感しています。注文住宅ならできる断熱材は寒くない! 暖かい快適生活を送れます。

やはり家を買うなら注文住宅です。

建売のメリット

なにも考えなくてよい。
すでに家ができているので場所、形の気に入った家を買えばよい。
家の完成がみえるのでどう住むかがイメージできる。

自分の中のイメージだと、建売を買うメリットはあまりないかも。

建売 注文住宅 デメリット

各デメリットについて自分なりに思ったことです。

注文住宅のデメリット

完成までがけっこう大変。
打ち合わせが多い。
気になりだすと決められない。
なんでもできるために予算オーバーになる確率高い。
どこかで妥協しないとならない。
こだわりだすと予算はいくらあっても足りない。
図面だけで完成形をイメージしないといけない。

正直、あまりデメリットと言えるものはないかも。

建売のデメリット

間取りが選べない。
へんな配置になっていることが多い。
場所によってけっこう高い。
寒い、暑い家が多い。

どっちが安い?

自分の思うとおりに作れる分、注文住宅のほうが高いです。

土地と合わせて考えるので場所によって価格はかなり変わります。
状況によって価格は変わってしまうのでどっちが安い?のハッキリした答えは出せないのかなと。

どちらかというと土地の価格がメインになってくるので建物自体の値段は思っている以上に価格差がないと思います。

ハウスメーカーによっても変わってきます。
有名メーカーはやっぱり高いです。

ただ建売は中身が安くできているので家の性能は低いことが多いです。
簡単に言ってしまうと寒くて暑い家です。

私は寒くて暑家だけは嫌だったので結果注文住宅でよかたっと思います。
高かったとしても。

明確に金額の差は出せないとは思いますので一度相談するのが良いと思います。
今は相談する媒体も充実していますし。
注文住宅相談センター
我が家を建ててくれたハウスメーカーさんも参加しています。

一生に一度の買い物ですので、私なら注文住宅をオススメします。

まとめ

結論として答えは出せないです。
私の意見としては。

注文住宅でもメーカーによって価格差はありますし、家の作りの好みも分かれてきます。

建売は深く考える必要はあまりなさそうです。
見て、良い作り、場所で気に入ったのなら買いですし。

安い家には安いなりに安い理由があります。
家という大きなものですからその差は住んでみるとかなり感じると思います。

私は建売系の家に賃貸で5年ほど住んでいましたし、現在の住まい注文住宅にも住んでその差は実感できました。

断熱効果だけを見ても注文住宅にする価値は相当あります。
するべきだと言い切れます。

だた問題点としては金額ですよね。

この問題は家庭の考え方で大きく変わってくると思います。

うちはある意味勢いです。
建売だけはないと思ってましたし。

良い中古物件があればリフォームして住むか、注文住宅かと考えた結果良い家がなかったので注文住宅にしました。

しかもタイミングよく良い土地も見つかったので注文住宅にすることは加速してきまりました。

一般的に考えたら一生に一度の買い物なので注文住宅が私は良いと思います。
今までと過ごしやすさが違いますよ。

ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 住まいブログへ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク