ドア枠の塗装はDIY 自分で塗って費用節約!

ドア枠はすべて自分で塗ることにしました。

塗装が仕事なんでやることに抵抗はないのですが、めんどうで迷ったけどやることに。

塗料は会社にある水性塗料をお借りすることにしました。
いつ返すかはわかりませんw

なので費用は0円。

壁を仕上げる前に枠を塗ってしまえば壁に養生(壁が汚れないように覆うこと)しなくて済むので先に塗ることに。

養生しなくてよい分、塗るのは非常に楽になります。

塗り前のドア枠

このままでもいいとは思う。
ですが壁も白くなるし塗らないと不自然に見えるので塗った方がよいかな。

塗った後のドア枠

水性塗料をハケ塗りです。
ハケの塗り筋も多少でるのでそれも味になります。

ハケ塗りで気を付けるべきポイント

ハケに限らず塗る際に気を付けるポイントはだいたい一緒に感じます。

私の専門はスプレーガンで吹く塗装なのでハケ塗りは素人に近いのですが気になったところを書きだします。

赤丸の部分が気を付けるところです。

です。

上の内側の角は横と上を塗る際に交わるのでハケ跡が大きく出てしまいます。
雑に塗ってしまうとそのまま跡が出ます。

なので1つの方向に向かってハケを通せばきれいになります。
すぐに乾かないので大丈夫です。
角から下方向にハケを入れると綺麗になります。

内側の角はこんな感じで処理すれば綺麗に仕上げられます。
乾くと意外に綺麗に見えるのでそれなりにハケのムラがでないようにすればそれなりになります。

次に気を付けるのが下の赤丸。

ここの角には塗料がたまってしまうのでそままにするとかっこ悪いです。

断面図で説明します。

1,2,3と順番に塗っていくと3を塗り終わると1,2の面に塗料が角にたまってしまいます。
なので最後に1,2に1回ハケを通せば綺麗になるのでお忘れなく。

うまく塗れていれば角にたまらないと思うので、その場合は気にしなくてよいです。

ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 住まいブログへ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク