オスモカラーの塗り方で失敗しない方法(初めてでもできる)

オスモカラーの塗り方で失敗しない方法を解説します。

正解とかはないと思いますが、これが自分の中でベストなやり方だと思っています。
仕事柄塗ることもありますし、自分の家を塗ってみての結論からも。

塗るときは必ず軍手をしてください。
手についてしまうとオイルを落とすのが大変です。

塗りすぎない

ハケにオスモオイルをつけてそのまま塗ってしまうと、ほぼ塗りすぎになってしまいます。
そうならないために余分なオイルをハケからよく落としてから塗るようにします。

厚く塗ってしまうと乾くのも遅くなりますし、塗りムラがでてしまいます。

塗り方はうすーく伸ばしながら塗るとうまくいきます。
厚塗りは×です。

もし塗りすぎてしまった場合はウエスでふき取ってしまえば大丈夫です。
綺麗になります。

ただ拭き取ると塗膜が薄くなるので色も薄めになってしまいますのでお気をつけください。
もう一度、拭き取らないように薄めに塗れば大丈夫です。

重ねて塗ると濃くなっていきます。

オスモの公式サイトの説明だと2回塗りが基本のようですが、2回塗るのは大変ですし塗料も倍使ってしまうので私は1回塗りでも問題ないと思っています。
色の好みもありますし。

現状、私の家で塗ったオスモは1回塗りですが今のところ問題ありません。

塗装をする場合にウエスがあるとすごく役に立ちます!
オイルを抜いたりするだけではなく、汚れたら拭くこともできるし、使い方は様々です。
簡単に言ってしまえば、ぼろ布というかいらなくなった服などの布です。

塗り方で失敗しても、塗ってすぐなら何度でも塗りなおしができるで気軽に塗ることはできます。
乾きも多少遅いので焦らなくて大丈夫です。

拭き取りの注意点

拭き取る場合のウエスの代用品としてはTシャツのような生地目の細かい布を使うと良いです。
拭きとりやすいので。

ムラがでないように綺麗に拭き取ります。

タオル系のものは拭いた跡がついてしまいます。
拭きムラがでてしまいますが、すべてふき取ってしまえばタオル系のものでも大丈夫です。

オスモオイルは粘度が高いため拭き取りも大変なので注意が必要。
厚く塗ってしまうとけっこう疲れます。

ハケは豚毛が塗りやすい

オスモ専用のハケもありますが普通のハケに比べると割高です。
カインズなどに売っている安い豚毛のハケでも十分使えます。

豚毛で探すとないかもしれませんが、ラスターという名目で豚毛のハケは売っています。
ペンキ屋さんがゴミなどを掃く用に使うハケではありますが塗装用にも使えます。

↓写真の物は大きいサイズですが数種類あるので塗りやすそうなサイズを選べばOKです。
あまりに小さいサイズを選んでしまうと塗るのが大変になってしまいますのでお気をつけください。

中間のサイズが一番失敗がないサイズです。

↓画像の左側のが約中間サイズです。
これが使い勝手良いです。
右のは獣毛。割と豚毛に近く堅い毛になります。

オスモ専用ハケを使ったことないのでどれくらい良い物かわかりませんが、もしかしたらかなり塗りやすいハケかもしれません。

でも毛の堅い豚毛ならばなんでも良いのではないかと自分は思っています。

ハケの毛は抜けやすい

ハケの毛ってけっこう抜けます。
抜けたら軍手などで毛をとって塗りなおせば大丈夫です。

すぐに乾くオイルではないので簡単に塗り直しはできます。

軍手の跡がついてしまったら、また刷毛で綺麗に塗ってください。

まとめ

初めて塗る場合はけっこう難しいかもしれません。
塗っていくうちになれていくので、最初はあまり目立たない部分で練習しながら塗ると良いです。

早く塗りたくて厚く塗っても伸ばすのが大変なので厚塗りは一番やってなはいけないです。

どちらかと言うと、薄すぎてしまうほうが良いです。
結果、綺麗に仕上げることができます。

ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 住まいブログへ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク